男性器に関連する悩みはたくさんありますが、衰え始めている男性器を復活させる手段はあります!もう勃起なんてしないと諦めている男性は特に当サイトの記事を見て若い頃の自分を復活させましょう!!

男性機能に影響を与える前立腺とFT比

困っている男性

前立腺は男性だけに存在する器官で、精液の一部を生成する機能があります。
思春期から活動を開始し、男性機能に重要な役割を果たしますが、加齢とともに衰えていきます。
そして50代ぐらいになると、前立腺肥大の症状を起こすことが多くなります。
尿が出にくい、尿の切れが悪い、夜中に何度も尿意を催す、尿を漏らしてしまうなどの症状です。

また前立腺肥大は男性機能を低下させ、勃起不全の原因になることも知られています。
排尿困難を引き起こしている場合はそれも治療する必要があります。
前立腺肥大症による排尿障害を治すにはユリーフなどの治療薬が有効です。
主成分はシロドシンで、副作用は起こりにくい医薬品です。
ユリーフはジェネリックもありますので費用面で気になるかたはジェネリックの使用を検討してもいいでしょう。
↓個人的に利用経験のある医薬品の通販サイトを参考までにご紹介しておきます。
【ネット総合病院:ユリーフジェネリック
通販で買うと病院へわざわざ行く手間もかかりませんし、診察代が不要なので、安く済みます。
便利ですのでぜひ見てみてください。

話を戻しますが、前立腺がんも前立腺肥大と同じような症状があります。
現在のがん検査では、血液中に含まれるPSA値を調べる方法が主流となっています。
PSAは前立腺だけに含まれる糖蛋白の一種で、これが血液中に多く含まれていると、がんの可能性が高くなります。
一般にPSA値が4.0~10.0ng/mlのときがグレーゾーンと呼ばれています。

しかし前立腺マッサージなどでもPSA値が上がるため、がんと確定することはできません。
そのため、がんの疑いがあるときは触診や超音波で再検査を行います。
触診は肛門から指を入れて患部を確かめます。
最終的には生検といって、組織の一部を切り取り、顕微鏡で調べる方法を用います。
より検査を精密にするため、F/T比を調べることもあります。
PSAの中にも遊離型と、タンパク質と結合した結合型の2種類があり、その比率がF/T比です。
F/T比が25%以上ならがんの確率は8%以下、逆にF/T比が10%未満ならがんの確率は50%以上とされています。
再検査の際にF/T比を調べることで、体に負担のかかる無駄な生検を避けることができます。

関連記事
アーカイブ
サイト内検索